どんな方法でどんな効果があるの?血液クレンジングとは

オゾンの力で血液をキレイに

血液クレンジングという言葉は、人によっては聞きなれない言葉かもしれません。ヨーロッパではなかなかにポピュラーな療法であり、結構普及もしているのですが、日本ではそれほど有名ではありませんね。血液クレンジングというのは、オゾンの力で血液をキレにするという療法のことです。まず100ccほど血を採取してそこにオゾンを注入すると、濁っている血液でも驚くほどきれいになります。それを再び体内に戻すことによって免疫力の向上などの多くの効果が得られると言われているのが血液クレンジングというものなんですね。

疲労回復の効果が得られる

血液というのはいろんな仕事をしてくれますが、その代表的なのが身体じゅうの各臓器に酸素を運んでくれるということですね。血液クレンジングで血液がきれいになると、こうした血液が本来持っている力をより増大してくれます。したがって、こうした血液の酸素運搬作業の効率も良くなり、疲労回復という効果が得られるのです。個人差はあるものの、一回の施術であっても疲れがとれるなどを効果が得られ、継続して行うことによって、そもそも疲れにくい身体を構築することに役立つのです。

老化防止にも効果がある

オゾン療法には、いわゆる抗酸化力を強化してくれる効果があると言われます。人間の身体は活性酸素といものが活発になることによって老化していってしまいます。血液クレンジングによって、オゾンの力で血液をキレイにすると、体じゅうの抗酸化力を強化することによって、老化防止をはかることができるようになるのです。血液というのは身体じゅうに張り巡らされているものですから、いわば人体の基本なんですね。その血液をキレイにすることができれば、全身にさまざまな効果を一時に得ることができるわけなのです。

血液クレンジングを受けることでドロドロになった血液も元の健康的で美しい状態に戻すことが出来て良いです。