痛みの少ない歯科治療!?現在の研究を知る

これからの歯科治療は変わって行く

歯医者と言えば、治療に使うドリルの振動や音がことさら患者さんに恐怖を与える場所です。特に小さな子供は治療前から泣き出してしまう子も少なくありませんよね。一方科学技術の進歩に伴い、歯科治療のあり方も変わりつつあります。電気ドリルを使って歯を削る治療なんて「時代遅れ」と言われるような未来もそう遠いものではありません。歯科治療における「これから」を知る事で、治療を前向きに受け止めてみましょう!世界の技術の進歩も学ぶ事ができますよ。

電気ドリルを使わない虫歯治療

虫歯治療と言えば、現在では電気ドリルを使用して患部を削るのが一般的ですが、患者様の「歯」を損なわない治療方法も研究されています。例えば特定の薬剤を塗布したり、レーザー照射する事によって、それだけで虫歯を除去してしまうのです。再生治療が注目を浴びているとは言え、失われた歯を再生させる方法はいまだ開発されていませんから、今後こうした治療方法の発展に期待したいものですね。薬剤を塗布する場合、自宅で使用できる虫歯退治キットも開発されるかもしれません!

病気の治療以外にも注目したい事

虫歯治療だけではなく、「歯」は見た目の美しさに関わるものですから、審美治療も必要になる事があります。例えば結婚式を控えている男女や、お見合い写真を撮る時は、一時でも綺麗な歯を手に入れたいものですよね。そうした患者様のために、現在歯の「絆創膏」が研究されています。透明なシートを貼るだけで、歯を普段より美しく見せる事ができるだけでなく、衝撃や汚れから保護してくれるのです。実用化された場合、着色汚れを防ぎたい時にも使用価値のあるシートです。

治療をせずに放置した虫歯などが神経の部分にまで到ってしまった場合には根管治療を受けることで歯を失うことを防げます。